包装加工技術

当社では、サイクロデキストリン(CD)を用いた包接によって難溶解性物質の可溶化、酸化防止、マスキング、揮散防止など、通常扱いにくいとされる物質を使用した新しい製品づくりのお手伝いもさせて頂きます。

サイクロデキストリンとは?

サイクロデキストリンとは、ブドウ糖分子を円状につなぎ合わせた分子の集合体で、「環状オリゴ糖」のことを言います。 CDの外側は親水性、内側は親油性の性質を有することから、外側は水の中に散らばりやすく、内側は親油性のゲスト物質をひきつけるという性質を持っています。そのため、難溶解性物質等にも適応する包接素材として各分野において注目されています。

主なサイクロデキストリンの種類

包み込む物質の分子大きさや性質によって、サイクロデキストリンの種類を選択します。

サイクロデキストリンの用途

サイクロデキストリンは、非常に弱い物質の保護、長期保香性の維持、不快臭や苦味のマスキング、難水溶性物質の可溶化、保湿性物質の保護、粘性物質の粉末化などに用いることができます。